介護タクシー許可申請代行

既に訪問介護事業を行っている方を念頭に記載しております。
(一般乗用旅客自動車運送事業経営許可:福祉輸送事業限定)

要件

許可を取得する際の主な要件です(一部)。

1

人の要件

項目 業務内容・役割 資格
法人の役員

法令を遵守している事。
欠格事由に該当しない事。

運転手

介護タクシーの運転

二種免許

指導主任者

接遇の指導など

運行管理責任者と兼務可

運行管理者

乗務割の作成、点呼による健康状態の把握など

4台までは資格不要
5台以上なら資格必要

整備管理者

車両の整備、点検など

4台までは資格不要

2

営業所・休憩施設

項目 業務内容・役割
営業所
  • 事業計画を的確に遂行するに足る規模のものであること。
  • 三年以上の使用権原があること。
  • 三年未満の賃貸の場合、契約書に自動更新条項があり、三年以上の使用権原を有すること。
  • 関係法令に抵触しないこと。
休憩・仮眠
又は睡眠の
ための施設
  • 原則として営業所又は車庫に併設。
  • 事業計画を的確に遂行するに足る規模を有し、適切な設備を有する者であること。
  • 他の用途に使用される部分と明確に区画され、かつ、事業計画に照らし運転者が常時使用できること。
  • 三年以上の使用権原があること。三年未満の賃貸の場合、契約書に自動更新条項があり、三年以上の使用権原を有すること。
  • 関係法令に抵触しないこと。
3

車庫の要件

項目 要件
車庫
(駐車場)
  • 原則として営業所に併設。
  • 併設できない場合は、営業所から2㎞以内で、運行管理等が可能であること。
  • タクシーを収容するので、広さには余裕を持たせてください。
  • 他の用途に使用される部分と明確に区画されていること。
  • 三年以上の使用権原があること。
  • 三年未満の賃貸の場合、契約書に自動更新条項があり、三年以上の使用権原を有すること。関係法令に抵触しないこと。
  • 車庫の前面道路が狭くないこと。
4

車両・保険の要件

項目 要件
車両

福祉車両の場合
 以下のいずれかの要件を満たすよう努めなければならない。

  • ケア輸送サービス従事者研修を修了していること。
  • 福祉タクシー乗務員研修を修了していること。
  • 介護福祉士の資格を有していること。
  • 他の用途に使用される部分と明確に区画されていること。
  • 訪問介護員の資格を有していること。
  • サービス介助士の資格を有していること。

福祉車両でないセダン型等の一般車両の場合
 以下のいずれかの要件を満たさなければならない。

  • ケア輸送サービス従事者研修を修了していること。
  • 介護福祉士の資格を有していること。
  • 訪問介護員の資格を有していること。
  • サービス介助士の資格を有していること。
任意保険

対人8,000万円以上
対物200万円以上
搭乗者傷害

5

資金の要件

所要資金の50%以上、事業開始当初に要する資金100%以上が必要です。

項目 所要資金 事業開始当初資金
車両費

1年分

2ヶ月分

土地費

1年分

2ヶ月分

建物費

1年分

2ヶ月分

機械器具

機械器具

2ヶ月分

燃料油脂費

2ヶ月分

修繕費

2ヶ月分

その他経費

2ヶ月分

保険料、自動車税等

1年分

登録免許税

30,000円

2ヶ月分

基準

合計額の50%以上必要

合計額の100%以上必要

法令試験

常勤役員が法令試験に合格することが必要です。不合格の場合、再受験できます。
ただし、不合格が繰り返されると、申請取り下げになる場合もございます。
試験後に訂正書類などについてヒアリングが行われます。
役員が法令試験に合格しないと、手続きは進行しません。

<出題範囲>

道路運送法、道路運送法施行令、道路運送法施行規則、 旅客自動車運送事業運輸規則、旅客自動車運送事業報告規則、 道路運送車両法、道路運送車両法施行規則、 自動車点検基準、道路運送車両の保安基準、自動車事故報告規則、 その他一般乗用旅客自動車運送事業の遂行に必要な法令等

運賃

介護タクシー運賃には介護保険は適用されません。

運賃の種類 内容
ケア運賃

自動認可運賃。
タクシーメーターを設置して算出する距離制運賃や、走行時間により算出する時間制運賃があります。

介護輸送
サービス運賃

基本的には自由に決めて良い。
訪問介護の指定申請を受けている事が必要。

通院等乗降介助

訪問介護事業者の場合、通院等乗降介助には介護保険が適用されます。
利用者に対して、通院等のため、訪問介護員が、自らの運転する車両への乗車又は降車の介助を行うとともに、併せて、乗車前若しくは降車後の屋内外における移動等の介助又は通院先若しくは外出先での受診等の手続き、移動等の介助を行う。

介護タクシー許可申請の手続きの流れ

個別事情により変更があります。

1

出張相談の予約

事前に電話・メールにてお客様の氏名・住所・大体の相談内容をお知らせ下さい。 出張相談の予約は電話またはメールフォームから

2

出張相談(有料)

青森市内7,000円です。時間制限は特にありません。
詳しいお話を聞いた後、見積書を作成します。
出張相談時に用意していただきたいものは、
法人のお客様は定款コピー、履歴全部事項証明書コピーです。
訪問介護事業者様・障害福祉サービス事業者様は、指令書コピーです。
事務所を借りている場合は賃貸契約書コピーです。
健康保険・厚生年金保険の新規適用届・労働保険の保険関係成立届のコピー

3

見積書の提示

見積書の作成には数日かかる事があります。出張相談で詳しいお話を聞いた後に、金額が定まります。
相談内容によって、行政書士のみでなく、司法書士等にも見積もりを出していただく場合もございます。そのため時間がかかります。

4

依頼

依頼後の相談は無料です。キャンセル料は進行状況に応じて請求いたします。

5

着手金のお支払い

着手金は報酬の五割プラス実費です。

6

調査

役員の事故・違反歴の調査をします。
過去に重大な事故・違反があると、許可を取得できない場合があります。

7

社会保険等の加入

労働災害保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険に加入していない場合は、先に加入手続きをします。
社会保険労務士を紹介いたします。

8

定款の確認、変更

定款の変更が必要かどうか、関係窓口に確認します。
定款の変更が必要になる場合、手続きが遅れます。
定款変更に関する登記は、司法書士に取り次ぎいたします。

9

打ち合わせ・書類作成・収集

当方では、打ち合わせを複数回行います。
既存の法人が介護タクシー許可を取りたい場合、先に定款の変更が必要になる事もございます。その場合は時間や料金が変わります。

10

申請(運輸局への書類提出)

書類を窓口に提出した後、訂正を求められる場合がありますので、対応します。

11

適性診断

運転手の方には、適性診断を受けていただきます。

12

常勤役員が法令試験に合格すること

申請から約一ヶ月後の受験となります。
不合格の場合、再受験できますが、手続きに遅れが生じます。
ただし、不合格が繰り返されると、申請取り下げになる場合もございます。
試験後に訂正書類などについてヒアリングが行われます。

13

許可証の交付・料金のお支払い

許可証をお渡ししますので、残りの料金を支払っていただきます。

14

登録免許税3万円のお支払い

納付書が送られて来るので、登録免許税3万円を納付します。

15

運行開始届の提出(運輸局)

運輸局に運行開始届、車両の写真など必要書類を提出します。
これを提出しないと、許可は失効します。

16

市役所への変更届出

市役所に対して、通院等乗降介助を行うための届出が必要です。

  • 介護保険課→お客様自らが届出してください。
  • 障がい者支援課→当事務所で代行します。
17

駐車禁止除外指定手続きの代行

車両によっては、駐車禁止除外指定の手続きが可能な場合もございます。
窓口は管轄警察署になります。

18

自家用自動車有償運送(ご希望の場合)

介護タクシー1台で許可を取った後、3台について、いわゆる「ぶらさがり許可」を取得する手続きです。

駐車禁止除外指定

駐車禁止除外指定を受けておくと、駐車禁止から除外されます。
例えば、運転手が、お客様の車いすを押しているとき、乗り降りに時間がかかります。
そのとき、やむを得ず、駐車禁止場所に駐車していても、この指定を受けておけば、お客様の応対に集中できます。
駐車禁止除外指定は、介護タクシー全てが該当するわけではなく、「車いす移動車」が該当します。有効期間は3年です。

<指定を受けても駐車できない場所>
  • 交差点内、交差点より5メートル以内
  • 横断歩道上、横断歩道より5メートル以内

など他にも駐車禁止の場所があるので、指定を受けても、駐車場所には注意が必要です。

料金ご案内

出張相談料

青森市外の場合、料金は変わります。

出張相談料など 金額 備考
青森市

7,000円

青森市外は料金変更になります。

介護タクシー許可申請

介護タクシー許可1台分の料金です。
既存の法人が許可を取りたい場合、先に定款の変更が必要になる事もございます。その場合は料金が変わります。
自家用有償運送(ぶらさがり許可)の場合は、料金が追加になります。
車両によって、駐車禁止除外指定ができない場合は、その分の料金は請求しません。

項目 金額 備考
出張相談料

7,000円

青森市の場合

報酬(1台分)

20万円

介護タクシー許可申請

報酬

3万円

駐車禁止除外指定。車いす移動車の場合

登録免許税

3万円

実費

必要書類の収集

数千円

土地建物の登記事項証明書、道路幅員証明書など実費

合計

約30万円~

自家用自動車有償運送

介護タクシー1台で許可を取った後の、いわゆる「ぶらさがり許可」「ヘルパータクシー」等と呼ばれるものです。

■ 料金(3台まで)

項目 金額 備考
報酬

50,000円

必要書類の収集

数千円

運転経歴証明書など実費

合計

約60,000円

[ ご依頼の際はご注意ください ]

  • お客様のご希望する日時までに業務を完了できない場合、お断りする事がございます。日程には余裕を持ってご依頼ください。
  • 介護報酬の不正請求等の違法行為をしている方からのご依頼は、お断りいたします。
  • 打ち合わせは複数回おこないます。打ち合わせに協力しない等のお客様はお断りいたします。
  • 介護タクシーの許可を取得した後、すぐには営業できません。
    (緑ナンバープレートの取り付け、許可取得後に出す書類があるため)

[ 手続きが遅れる主な理由 ]

  • 確定申告を期限内に行わない
    (介護タクシー申請では決算書を使うため)
  • 決算書に誤りがある
  • 労働災害保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険に加入していない
  • 定款の変更が必要なとき
  • 役員が法令試験に合格できないとき(不合格が続くと、申請取り下げ)
  • 必要な資金を確保できない場合
  • 役員に重大な事故・違反歴がある場合
  • 車両の保管場所が小さい場合
  • その他、約束を守らない方

[ 介護タクシー事業の注意点 ]

  • 運賃には介護保険の適用がない
  • 通院等乗降介助には介護保険の適用あり(介護事業者に限る)
  • 任意保険料が高くなる
    (対人8,000万円以上、対物200万円以上、搭乗者傷害)
  • 流し営業はできない
  • 役員が法令試験に合格しないと、手続きは進行しません。
  • 5台以上の場合、運行管理者・整備管理者の資格が必要になる
行政書士 慶野 貴大(けいの たかひろ)

お問い合わせ

けいの行政書士事務所
行政書士 慶野 貴大(けいの たかひろ)

〒030-0962 青森市佃(つくだ)2丁目15番8号

お問い合わせはなるべくメールにてお願い致します。
接客中などの事情により、電話に出られない場合がございます。
※セールス等の電話・メールはお断り致します。

営業時間

平日:8時30分 ~ 17時

土・日・祝日は出張相談・メール・電話対応可。
ただし、出張相談は事前ご予約願います。